ニュース

22/09/2018

他の記事
日本新聞:チャン・ダイ・クアン主席の国賓としての公式訪問は、重要な意義があり

日本新聞:チャン・ダイ・クアン主席の国賓としての公式訪問は、重要な意義があり

01/06/2018 10:17 GMT+7

在東京ベトナム通信社の記者によると、5月29日から6月2日までのチャン・ダイ・クアン主席の日本公式訪問は、今年、日・越国交樹立45周年記念日に際して、両国間の友好関係をの重要さを強調する記事をニュースとして掲載した。
詳細...
ニャッタン(Nhật Tân)友好橋

ニャッタン(Nhật Tân)友好橋

10/02/2015 10:42 GMT+7

ベトナムと日本間の友好関係について若者たちの認識を高める目的で、日本国際協力機関(JICA)は、日本語を勉強しているトゥックギエム(Thuc Nghiem)中学校の生徒のために、ニャッタン橋見学を行った。
詳細...
越‐日の交渉の印

越‐日の交渉の印

17/01/2015 11:46 GMT+7

ベトナムのホーチミン市の博物館において行われた日本の古物の展示会は、4世紀のベトナムと日本の交渉の証の一つである。
詳細...
風鈴の祭り

風鈴の祭り

16/01/2015 09:16 GMT+7

2014年の風鈴祭りはベトナムと日本間の文化合流41周年記念日に際して、日本のYuki Matsuri大学によりハノイで、開催された。同祭りは2日間行われ、1万人の若者が祭りに参加した。
詳細...
ベトナムにおける人形劇

ベトナムにおける人形劇

16/10/2014 10:37 GMT+7

在ベトナム日本文化交流センターは日本とASEANの各国の伝統的な人形劇についての協力のプロジェクトの中の「日本の人形の劇」と題されたプログラムを実施した。初めて、ハノイの人々は日本の古い伝統的な劇を鑑賞し、両国の芸術者との交流する機会があった。
詳細...
写真展を通して分かった日本国

写真展を通して分かった日本国

07/12/2012 16:11 GMT+7

最近行われたベトナム美術協会の1ギャラリーに展示された約百枚の写真で「世界大戦後の奇跡的な日本」というテーマで開かれた小さな写真展は、「日本国際交流ファウンデーション」という組織名はそんなに大きくはなかった。

詳細...
桜と日本人の哲理

桜と日本人の哲理

06/04/2012 17:12 GMT+7

我々が3月末に日本に来たが、桜は今年の冬がおそらく異常に長かったため、まだ咲いてかなかった。日本人の同僚によると、桜(日本人の呼び方)は 今年の咲きはこの20年間で一番遅いようである。せっかく寺院、仏塔が桜の葉の下に隠されることで有名な古風な京都に来たのに、日本文化のシンボルの一つである桜の優美さを楽しめなかったことが残念であった。しかし、その代わりに、共同通信社の同僚からこの花の持つ気高さについて紹介してもらった。

詳細...
ベトナムからの実感

ベトナムからの実感

27/03/2012 11:20 GMT+7

日本の大震災-津波の二重災害(2011年3月11日 ~2012年3月11日)から1年を経て、“東日本の大震災についての記憶”をテーマにした、ドキュメンタリー、災害の映像及び日本人の生活復興活動を紹介するプレゼンテーションプログラムは日本国際交流基金-日越文化交流センターによりハノイとホーチミンで開催され、多くのベトナム人の注目を浴びた。
詳細...