23/03/2015 09:52 GMT+7 Email Print Like 0

日中韓 早期首脳会談で一致

日本と中国、韓国の3か国の外相会議では、3か国の首脳会議の開催に向けて努力することで一致 したが、一方で中国の王毅外相は、日本の歴史認識の問題を繰り返し指摘し、安倍総理大臣が戦後70年のことし発表する「総理大臣談話」を中国が注視す る立場を改めて強調した。

21日、韓国のソウルで日本と中国、韓国の3か国の外相会議がおよそ3年ぶりに開かれ、3か国の首脳会議の開催に向けて努力することで一致した。一方 で、この会議や終了後の共同記者発表の場で、中国の王毅外相は「歴史の直視」ということばを重ねて使い、3か国が取りまとめた共同発表にも、このことばが 盛り込まれた。
さらに21日夜、中国外務省は、王外相が会議のあと中国メディアの取材を受け、「歴史を直視することは、すなわち過去の侵略の 史実と植民地支配を否定しないことだ」と述べたと発表した。そのうえで王外相は「ことしは日本にとってテストであり、機会だ。日本がこの機会を捉え徹 底的に過去を清算できるのか、われわれは目を凝らして見ている」と述べたとしている。
今回、王外相が日本の歴史認識の問題を繰り返し指摘した背景には、安倍総理大臣が戦後70年のことし発表する「総理大臣談話」を中国が注視する立場を改めて強調し、日本をけん制したい思惑があったものとみられる。
ソース:VOV