11/07/2021 08:37 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナ対策を討議する会合

(VOVWORLD) - 10日午前、ハノイで、新型コロナ予防対策国家指導委員会委員長を務めるブ・ドゥク・ダム副首相はホーチミン市の新型コロナ対応指導委員会とのオンライン会合を主宰しました。

席上、ダム副首相は、ホーチミン市に対し、新型コロナウイルスの検査能力をさらに高めるよう求めると共に、スケジュールに従って検査サンプルを採取する必要があると強調しました。
ホーチミン市は、7月9日午前0時から最も規制が厳しい首相指示第16号に沿った社会的隔離措置を15日間にわたり適用しています。この指示が実施された初日に、高速道路では交通渋滞が発生しました。そこで、ホーチミン市行政当局は、交通運輸省にこの問題解決を指示するよう要請しました。これについて、ダム副首相は次のように語りました。

(テープ)

「首相はこの問題解決に関する指示を発布しました。また、交通運輸省も手ほどき文書を公表しました。今後、交通渋滞が発生したら、私、または、交通運輸省の指導者に知らせてください。全ての店舗に対し、配達担当者の往来を厳格に管理するよう求めます。」