25/02/2020 10:14 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナウイルス感染症の対応を討議する政府会議

24日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相の主宰により、新型コロナウイルス感染症の対応を討議する政府会議が行なわれました。

席上、ハノイ市とホーチミン市の指導者は入国した韓国人をはじめ、外国人観光客数の統計を報告するとともに、万が一、問題が発生した場合、隔離措置や仮病棟を周到に準備し、各レベルの学校再開に際し、生徒、学生の安全を確保する措置を用意したと語りました。

一方、フック首相はこれまで、新型コロナウイルス予防対策は目覚しい成果を収め、感染された16人の中、15人が退院して、残りの一人も完治したと明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「この感染症をベトナムに波及させてはいけません。国民の健康と命を守るべきです。いくつかの国で新型コロナウイルス感染症が拡大している現代、私たちは具体的かつ断固たる措置を打ち出す必要があります。」
ソース:VOV