16/08/2020 22:42 GMT+7 Email Print Like 0

政策の「梃子入れ」:裾野産業の発展を促進する政府の議決。

020年8月6日、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、裾野産業の加工製造業に対して梃子入れをし、新たな政策で裾野産業の発展を促進させる方法について決議第 103/NQ-CP 号を発行した。

決議第103/NQ-CP 号を提出した目標は、2025年まで、ベトナムの企業の競争力と国内の生産、消費の45%の需要に応え、工業の生産の価値の11%を占め、組み立て会社の30%は国内企業が占め、在ベトナム多国家グループに直接に供給でき、1,000社の企業があることである。

2030年、裾野産業は、70%の生産、国内の消費需要に応え、工業生産値の14%を占める。2,00社の企業は、在ベトナム組立て会社と多国家のグループに直接に供給できる。

以上の目標に達するために、決議第103/NQ-CP 号は、次のような7つのグループの方法を出した。

裾野産業を発展させる規制と政策を作り出し、効果的な実施を行い完成させる。同時に、原料工業に対しての政策を作り出し、効果的に実施し、生産工業、製品の組立工業に対して市場を発展させ、現代的、維持と工業化に対しての基礎を作り出すこと。

裾野産業の発展を促進する方法について、決議第 103/NQ-CP 号は将来のベトナムの裾野産業の発展を促進するために、各省がベトナムの企業の内在の問題を解決するための政策基礎である。切実でタイムリーな政策は、ベトナムの裾野産業の発展を促進し、全世界価値連鎖および工業発展の模型の刷新の移動の傾向の中で大きな投資を集める機会をベトナムにもたらす。


裾野産業である加工と製造業の企業に対して金利の優遇政策を実施する。金融機関で短期資金の融資を優先する。裾野産業は、製品を生産するプロジェクトを実施するため、企業の中期と長期の利子の開きを補償すること。

ベトナムの企業と他国の企業、国内外の生産、組み立て会社への投資を集め、その連結を促進すること、連携網を作るため集合工業団地を建設すること、生産の原料に関する自主を強化させるために、原料工業を発展させ、輸入による依存度を減少させ、国内の付加価値を向上させ、ベトナム企業の競争力と世界におけるその位置を認識すること。
ベトナムのニントゥアン省におけるトントゥアン株式会社の輸出の海老を加工する。
撮影:コン・トゥ-ベトナム通信社

 

裾野産業の加工製造業が発展していくために、国内外の市場の発展を促進する。製造業の発展する方法を通じて、国内の市場の規模を維持すること。同時に、調印した自由貿易協定(FTA)を利用し、国外の市場を探し、拡大すること。裾野産業と加工製造業の企業を援助する。独占権、不正競争などを防止し、現代的な経営の種類と方法を発展する。

裾野産業と加工製造業を援助するために、地域と地方の工業の発展を補助する技術センターを設立し、効果的に活動させる。想像力、発展の研究、技術移動などを優先し、競争力、製品の質を向上させる。

技術のインフラの発展、技術移転などため、裾野産業である加工製造業に対しての科学技術を向上させ、科学・技術の研究分野で国内外の協力を強化し、科学技術の研究により製品を貿易化させ、技術の刷新と研究を行う協力を促進する。

同時、労働者の技術を向上させる国家レベルのプログラム、計画を通じ加工製造業の人材力の向上、教育センターと企業の連携を促進し、職業訓練の管理システムを行い、現代的で、プロの管理モデルを展開し、国際の標準を使用し、外国と協力し人材養成を行い、国家レベルの職業技能、特に裾野産業の技能認定証明書を発行すること。

ベトナムの経営者と多国の結合を促進するため、裾野産業の発展を優先として加工製造業の統計、データベースを確立し完成させる。国家の管理により効果的な裾野産業についての政策を作り出す。加工製造業について各省の指導者と人民の関心を集め、その認識を高めるために、裾野産業である加工製造業について宣伝を促進すること。

文、撮影:ベトナムジャーナル