15/08/2016 14:34 GMT+7 Email Print Like 0

政府宗教委員会、仏教教会本部を訪問

今年の盂蘭盆会を迎えるにあたり、13日、政府宗教委員会のズオン・ゴック・タン副委員長率いる代表団はベトナム仏教教会本部を訪れ、ティック・フォ・トゥエ法主をはじめ聖職者や、信者らにお祝いの言葉を述べました。

タン副委員長は「党と政府は常に社会活動や、教育を始め国の建設防衛事業に対する仏教協会の多大な貢献を高く評価している」と再確認しました。

また、「今後も、ティック・フォ・トゥエ法主の指導のもと、仏教協会は『仏教・民族・社会主義』という方針に従って、引き続き発展していくよう」希望を表明した上で、「党と政府は仏教をはじめ、各宗教の発展に有利な条件を作り出していく」と語りました。
ソース:VOV