02/01/2015 11:04 GMT+7 Email Print Like 0

改革断行の一年に=安倍首相年頭所感

安倍晋三首相は2015年の年頭所感を1日付で発表した。首相は経済再生や外交・安全保障などの課題を挙げ「さらに大胆に、さらにスピード感を持って改革を推し進める。日本の将来を見据えた『改革断行の一年』にしたい」と決意を示した。
首相は今年が戦後70年に当たることに触れ「先の大戦の深い反省の下、戦後、ひたすら平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献してきた」と指 摘した。「私たちが目指す国の姿を、この機会に世界に向けて発信し、新たな国づくりへの力強いスタートを切る。そんな一年にしたい」と表明した。
経済政策については「アベノミクスをさらに進化させていく」と強調し、「経済最優先で政権運営に当たり、景気回復の暖かい風を全国津々浦々に届けていく」と意欲を示した。
ソース:VOV