12/06/2015 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

少数民族居住地の経済社会発展補助政策に関するシンポジウム

10日、南部カントー市で、民族委員会は西南部指導委員会、カントー市人民委員会と連携して、「2016~2020年期の少数民族居住地と山岳地帯における経済社会発展補助政策」に関するシンポジウムを共催しました。席上、参加者らは「この補助政策は少数民族の認識の向上、家や土地、電力、生活用水などの補助、銀行融資の増加などに集中する必要がある」と提案しました。 民族委員会のソン・フォック・ホアン副委員長によりますと、この間、党と国家は、民族政策の遂行の便宜を図ってきました。その結果、少数民族居住地における経済社会発展のモデルが出現し、インフラ整備がされるようになりました。社会福祉活動や公的サービスは幅広く展開されています。 VOV