01/01/2018 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

宗教・信仰法:全ての人々の宗教・信仰の自由を保護

ハ副委員長は「この法律は2013年憲法の精神に則って発布されたことから、宗教・信仰の自由を始め、市民権、人権の認定、保護、尊重に関する条項がある」と述べました。


2018年1月1日に発効する宗教・信仰法はベトナムの宗教・信仰政策における大きな転換点となります。政府宗教委員会のブイ・タイン・ハ副委員長は「この法律は2013年憲法の精神に則って発布されたことから、宗教・信仰の自由を始め、市民権、人権の認定、保護、尊重に関する条項がある他、宗教・信仰法令と比べて多くの新しい内容が盛り込まれた」と明らかにしました。

また、ハ副委員長はこの法律の制定は市民の宗教・信仰の自由の保護に関するベトナム共産党の主張と2013年憲法を体制化させるためのものである。また、この法律の制定は民族大団結の強化、宗教・信仰の自由を始め、人類と社会主義の民主主義的、文明的価値が発揮させ、党と政府に対する宗教信仰者の信念を確保するためのものでもあると強調しました。
ソース:VOV