26/11/2018 10:29 GMT+7 Email Print Like 0

女性と少女への暴力撤廃を目指す「ダンス・フォー・カイドネス」

25日、ハノイの中心地にあるホアンキェム湖周辺で、「ダンス・フォー・カイドネス(Dance for Kindness)」というイベントが行われ、数千人が参加しました。
これは、11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に当たり行われたものです。同日、ハノイとともに、中部港湾都市ダナンや、北部港湾都市ハイフォンなどでも、「ダンス・フォー・カイドネス」が行われました。ベトナムがこれを行うのは今年で4回目となっています。組織委員会のブ・ミン・リ委員長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「今年のダンス・フォー・カイドネスは11月11日から始まりましたが、より多くの人々を集めるために、今日まで待ちました。今年は、バス内や、公共施設での女性と少女へのセクハラ、性的暴行の撤廃に関するメッセージを送ります。」

なお、「ダンス・フォー・カイドネス(Dance for Kindness)」はニューヨークに本拠を置く非営利組織「ライフ・ベスト・インサイド(Life Vest Inside)」が2012年に提唱し、これまで、100カ国以上に広がってきました。
ソース:VOV