17/11/2014 10:17 GMT+7 Email Print Like 0

外国世論も、ベトナムの信任投票に関心

15日午後発表された国会が任命したハイレベルの役職者50人に対する信任投票の結果は国内世論だけでなく、外国のマスメディアの注目も集めている。

15日付けのロイター通信は「ベトナム首相が信任投票で高い支持率を得た」というタイトルの記事を掲載し、その中で、「グエン・タン・ズン首相は国会の信任の是非を問う投票を乗り越え、共産党での影響力を高める」との見方を示した。

一方、経済・金融情報の配信、通信社・放送事業を手がけるアメリカ大手総合情報サービス会社ブルームバーグは「第2回信任投票は政府の責任感を示すもので あり、ズン首相は高い支持率を得た」と報じた。他方、AFP通信や中国の新華社などは投票の結果を詳細に伝えている。
ソース:VOV