09/10/2015 09:56 GMT+7 Email Print Like 0

在ベトナム米大使、TPPの対越米効果を評価

8日、ベトナム駐在アメリカのテッド・オシウス大使は先頃アメリカでTPP=環太平洋戦略的経済連携協定が大筋合意に達したことに関する声明を発表した。

その中で、TPPの合意にむけて、長い間、取り組んできた各国の交渉団に祝辞を述べると共に、「この印象的な成功により、アメリカとベトナムは世界のGDPのおよそ40%を占めるTPPの加盟国となる。TPPはアメリカとベトナムとの経済関係の重要な進展の一歩を示すものだ」と強調している。

また、同大使は「ベトナムをはじめ、TPPの他の加盟国と協力して、この協定を履行することを望んでいる」と述べた。