05/03/2016 14:50 GMT+7 Email Print Like 0

国連・ベトナム、男女平等政策対話を

4日、ハノイで、国連ベトナム事務所とベトナム労働傷病軍人社会事業省は、男女平等政策に関する対話を開催しました。対話には、ベトナムの関連各省庁や国際の非政府組織の代表、及び、国内外の専門家多数が参加しました。 開会演説にたった労働傷病軍人社会事業省のファム・ティ・ハイ・チュエン大臣は、今回の対話は、ベトナムの2011―2020年期の男女平等国家戦略、2016-2020年期の男女平等行動計画、及び、2016-2020年期の経済社会発展計画の展開について関係者や専門家の意見を集約するチャンスであると明らかにし、対話の重要性を強調しました。 一方、国連ベトナム事務所の常務コーディネータープラティハ・メタ氏は、「男女平等は政治に関する問題で、最高指導者が確約して行動したときのみ、解決できる」と述べ、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席が、全ての分野における男女平等を実現させるために全力を尽くしてゆくことを確約したと明らかにしました。また、メタ氏は、ベトナムに対し、男女平等に関する国家戦略と行動計画の展開により多くの力を入れるようとの希望を表明しました。 VOV