22/06/2015 09:22 GMT+7 Email Print Like 0

国家主席事務所党委員会、第7回党大会

20日午前、主席府で、国家主席事務所党委員会は2015~2020任期の第7回党大会を開催した。大会で発言に立ったチュオン・タン・サン国家主席は「国家官房党委員会は重要な機関であることから、大会は第12回全国党大会の文献草案に意見や提案を提出する必要がある」と強調した。

また、サン主席は「今後5年間、ベトナムは国際社会に深く参入し、世界情勢が複雑に推移しますが、平和・協力の流れは主導的なものであり、チャンスが多いですが試練も少なくないと予測される。ベトナムは領土保全、海・島の領有権の保護、平和の維持を堅持している。このことは、アドバイス機関に重い責任を与える」と明らかにすると共に、国家官房党委員会の党員や党支部に対し「党の路線を深く理解し、国家の憲法と法律を遵守すなければならない。また、党建設作業に力を尽くし、国のドイモイ刷新事業に対する国民の信頼醸成に寄与するよう」求めた。
ソース:VOV