21/07/2015 09:48 GMT+7 Email Print Like 0

国外在留ベトナム青少年向けのサマーキャンプ

20日、ホーチミン市の国外在留ベトナム人担当委員会は同市のホーチミン共産青年同盟委員会と協力し、国外在留ベトナムの青少年向けの、「ベトナム・我が故郷」をテーマとするサマーキャンプ2015を開始しました。

20日から23日にかけて開催されるこのサマーキャンプにはアメリカ、フランス、チェコ、シンガポール、タイなどに在留しているベトナムの青少年60人が参加しています。開催期間中、青少年らはホーチミン市やベンチェ省の史跡を見学し、地元での生活を体験するとともに、現地の若者との交流会に参加する計画です。タイ在留ベトナムのグエン・カイン・フエンさんは次のように話しました。

(テープ)

「国外在留ベトナム人の私にとってこのキャンプは有意義なものであり、長い間、会っていなかった友人が集う機会となります。また、博物館や革命根拠地の見学はベトナム民族の革命事業と収めた成果への私たちの理解を深めるために役立つでしょう。こうした活動への参加により、私たちは愛国心を高めた上で、学習に励み、国の発展に貢献できればと思っています。」
:VOV