15/01/2014 10:27 GMT+7 Email Print Like 0

国会常委、国会組織法改正案を討議

14日午前、国会常務委員会は会議を行い、第13期国会第7回会議に提出される国会組織法改正案について討議した。

改正案は現行法を基本的かつ全面的に改正したものであり、6章、140条が含まれている。出席者らは党の各文献を法制化させ、また、新憲法を具体化させるとともに、国会活動を刷新し、効果を向上させるためには、国会組織法を改正する必要があることで一致した。

一方、改正案作成委員会は国会議員の活動の効果と責任感の向上を目指し、専務国会議員の割合を35%に引き上げるよう要請した。

同日午後の会議で、国会常務委員会は税関法改正案や2014年の国会機関の外交活動計画について討議した。
ソース:VOV