18/09/2020 11:06 GMT+7 Email Print Like 0

国会常務委、法律の制定に際し思考を更新

(VOVWORLD) - 17日午前、ハノイで開催中の国会常務委員会第48回会議で、法律の制定に際し、思考を更新する必要があるとの意見が相次ぎました。

また、法律文書の点検、検査を強化し、内容に矛盾があり、実状に見合わない文書を廃棄し、法律システムの統一性、公開性、実施可能性を確保することが狙いであるとしています

さらに、「司法改革は憲法に規定され、公民権、人権の尊重を確保するとともに、組織の再編、人員整理を目指すことから、法律の制定に際し、思考を更新しなければならないとの見解が明らかにされました。