26/11/2017 11:20 GMT+7 Email Print Like 0

国会の54号決議、HCM市の発展事業の原動力

既にお伝えしましたように、24日、国会は、ホーチミン市の特別な発展政策の試験的実施に関する54号決議を採択しました。

これに関し、同市党委員会のグエン・ティン・ニャン委員長は、「これは市内の発展事業の新しい原動力になる」と評価しています。

ニャン委員長によりますと、この決議は市内の発展状況に合致し、ホーチミン市が自らの潜在力と市民の力を活用することに役立ちます。

また、土地管理権や、投資管理権、国家予算管理権、権限移譲体制、市内の幹部・公務員の収入というこの決議が定める5つの分野は、現行の法律の規定と異なっていますが、憲法に合致しているとしています。

なお、この決議は、今後5年間に実施され、そのなかで、2018~2020年期はすべてのソリューションが展開されるということです。
ソース:VOV