13/11/2018 09:59 GMT+7 Email Print Like 0

国会、16~20年期の公共投資計画調整決議を採択

12日、ハノイで開催中の国会では、2016~2020年期における中期公共投資計画の調整に関する決議が賛成多数で採択されました。

これによりますと、同期の公共投資額は300兆ドン(約1兆5000億円)から360兆ドン(約1兆8000億円)に増加します。また、国家の重点的投資プロジェクトへの投資額を10兆ドン(約500億円)削減します。その金額は、自然災害予防対策活動にあてられるとしています。国会財政予算委員会のグエン・ドゥク・ハイ委員長は次のように語りました。

「公共投資への財源が制限されている中で、公共投資額を国会が決定した金額の範囲内に抑えることはとても重要です。これは、各プロジェクトの進捗度の促進や、質的向上にも役立つと思います。」

同日午前、国会は、税管理法改正案や、公共投資法改正案を討議しました。
ソース:VOV