27/03/2014 10:36 GMT+7 Email Print Like 0

国会、貧困解消法律政策実施監視を継続

25日、ハノイで、2005~2012年期の貧困解消に関する法律政策実施状況を監視する国会議員団は会合を開き、政府の関連問題に関する第2回報告を討議した。

政府の報告によりますと、この期間の貧困解消目標の実現に調達された資金は864兆ドンあまりで、各地方は様々な貧困解消プロジェクトを展開してきた。

貧困世帯の割合が2005年の22%から2013年の7,8%に引き下げられたとしています。一方、北部と中部高原地帯テイグェン地方山岳地帯などにおける貧困解消がまだ持続性を欠け、貧富格差はまだ縮小されていないとも指摘している。

会合の結論をつけたトン・ティ・フォン国会副議長は「貧困解消の目標は党と国家の終始一貫した政策である。これまでのベトナムの貧困解消プログラムは多大な成果を収めてきた。しかし、貧困解消の持続性を確保するために、有効な措置をとる必要がある」と強調した。
ソース:VOV