13/11/2015 15:34 GMT+7 Email Print Like 0

国会、国民投票法案を討議

12日、ハノイで開催中の第13期国会第10回会議では、国民投票法案について討議が行なわれました。国会議員らは、国のきわめて重要な問題について国民投票を行なうことで一致しましたが、「きわめて重要な問題」とは何かということについて詳しく討議しました。

南部ビンフォック省選出のブイ・マイン・フン議員は次のように語りました。

「きわめて重要な問題は、国の運命や経済社会の発展方向に影響を及ぼす影響力が広大な問題であり、国民全体が関心を寄せる問題でもあります。国民全体の意志を集めない限り、解決できないほどの問題です。そして、ある問題について国民投票を行なうとすれば、国民に関連情報を十分に知らせ、国民の正しい選択を求めなければなりません。」
なお、国会は今回の会議で国民投票法案を採択する予定です。
ソース:VOV