05/11/2015 09:40 GMT+7 Email Print Like 0

国会、国家目標プログラムの減少を

4日午後、ハノイで開催中の第13期ベトナム国会第10回会議は、2011~2015年期の各国家目標プログラムの実施状況を評価した上で、2016~2020年期の国家目標プログラムの作成について討議しました。

会議で、国会議員らは、この5年、各プログラムは成果を上げ、経済社会の発展に貢献していると高く評価しました。又、国家目標プログラムの数を減らすことで一致しました。北部タイグエン省選出のド・マイン・フン議員は次のように語りました。

「現在の16の国家目標プログラムをそのまま維持するのは多すぎると思います。そのため、プログラムの数を減らすことが必要だと思います。どのように減らすのか意見が異なりますが、政府は、新農村づくりプログラムと着実な貧困解消プログラムといった2つの国家目標プログラムを提案します。また、国民健康保護プログラムという国家目標プログラムをもう一つ提案した方がいいという意見もあります。これは、傾聴しなければならない意見だと思います。」
各国家目標プログラムの効果を上げるためには、それぞれのプログラムの仕組みを整理するのが大切だとの意見も多くの議員から出されました。北部トゥイェンクアン省選出のホアン・ベト・フォン議員は次のように語りました。

「現行の基準の再構築や投資の分割などは必要だと思います。又、電気、道路、水利システムなど、生産に必要な投資分野を優先しなければなりません。そして、地方行政に対し、投資方法に関する権限を最大限に委託した方がいいと思います。」
ソース:VOV