15/01/2015 09:30 GMT+7 Email Print Like 0

国会、ハノイでの青年法実施状況を調査

13日、国会文化・教育・青少年児童委員会はハノイでの青年法実施にあたり実態調査をした。

ハノイ市当局の報告によると、現在、市内は16歳から30歳の青年が270万人おり、市の人口の33%を占めている。青年は、主要な労働力で、市の経済社会発展事業の質の高い人材として見做されている。

2013年、ハノイ市当局は才能のある人材を重視する決議を発布するほか、幹部人事1000人の選択や、各大学の卒業試験の最高得点者の表彰・採用、学生の科学研究活動への資金補助などを行ってきた。また、ハノイ市青年団の活動経費を3倍増額させたということである。

グエン・ティ・ビック・ゴック人民委員会副委員長は、「今後も、青年に対する優遇政策をとっていきます。」と明らかにした。
ソース:VOV