01/09/2016 11:56 GMT+7 Email Print Like 0

国の建設防衛事業の中で民族大団結の力を活かす

8月革命、及び、9月2日の独立71周年を記念して、チャン・ダイ・クアン国家主席は「新しい要求に応えるため、国の建設防衛事業における民族大団結の力を活かす」を見出しとした記事を執筆しました。記事の内容は次の通りです。

民族大団結の力を発揮することはベトナムの建設防衛事業においても貴重な経験となりました。8月革命以来、ベトナム共産党と政府は民族大団結の力を活用するため、様々な政策を打ち出しました。「人民が知る・人民が相談する・人民が実施する・人民が検査する」という方針を実施して、国家管理、経済社会管理における主人としての人民の権利が強化され、人民各層が経済、社会、文化の発展任務の実現に取り組みました。

国の工業化と近代化事業、国際社会への参入、及び、国の独立・主権・領土確保のため、国の建設防衛事業における民族大団結の強化に対する社会全体の認識と責任を向上させる必要があります。
ソース:VOV