11/03/2020 09:39 GMT+7 Email Print Like 0

各地方、COVID-19予防対策を強化

9日午後と10日午前、ベトナムの初の大学とされる文廟、ホアロー刑務所、ゴクソン神社などハノイの有名な観光スポットが消毒作業を行うため一時的に閉鎖しました。

9日夜、ハノイで開かれたハノイ市の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防指導委員会の会議で、ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥク・チュン委員長は次のように語りました。

(テープ)

「すべての部門、機関、自治体の指導者は新型コロナウイルス感染症の推移を即時に対応するため24時間体制をとる必要があります。ハノイ市の指導者は来た電話に対し、すぐに対応しなければなりません」

9日午後と10日午前、ベトナムの初の大学とされる文廟、ホアロー刑務所、ゴクソン神社などハノイの有名な観光スポットが消毒作業を行うため一時的に閉鎖しました。

9日、東北部クアンニン省ハロン市の行政府は地元にある各病院と協力して、ハロン市に住んでいる全ての人々を対象に健康診断を行いました。特に、全ての人々は医療申告を行う義務があります。クアンニン省バイチャイ病院の医師ファム・タイン・クアンさんは次のように語りました。

(テープ)

「バイチャイ病院はハロン市を支援するため、医師21人、看護師4人を派遣しています。その健康診断の目的は感染の疑いがある例を早期に発見するためのものです。その他、医療部門はこの14日間の渡航歴を検査します」
ソース:VOV