02/04/2015 09:39 GMT+7 Email Print Like 0

各国議員、子どもの健康保護に関するベトナムの成果を評価

既にお伝えしましたように、3月31日、ハノイで開催中のIPU=列国議会同盟第132回総会の枠内で、「医療サービスに対する女性と子どもの権利の確保、議会の役割」をテーマにした討論会が行われました。

席上、ベトナムは女性と子どもの健康保護分野での自国の成果を紹介しましたが、これは各国の議員から好評を得ています。

シエラレオネのホン・ロザライン・スミス議員は「女性と子どもの健康保護分野で、ベトナムの女性の役割が高まっている」と評価し、次のように語りました。

「ベトナムは男女平等の確保にも成果を収めていると実感できます。これと、女性や子どもの健康保護分野でのベトナムの成果は、ベトナムが国連のミレニアム開発目標の実施を正しい方向に進めていることを示すものと思います」

一方、南アフリカのエレン・プリンス議員も国連のミレニアム開発目標の実施におけるベトナムの目標を高く評価し、次のように語りました。

「我が国でも、エイズ予防対策を含むを女性や子どもの健康保護分野に関連する多くの政策をとっていますが、今回のIPU総会で、ベトナムの成果を目にして、感服しています。南アフリカはベトナムの経験を学ぶ必要があると思います」
:VOV