20/08/2015 09:40 GMT+7 Email Print Like 0

各国の世論、ベトナムの8月革命を評価

この数日、多くの国のメディアはベトナムの8月革命について記事を掲載しました。アルゼンチン経済社会研究センターのホームページは18日、ベトナムの革命運動の大きな成果を讃えるオスカー・ナタリチオ教授の研究テーマを掲載しました。

その中で、「70年前、党員5000人でしかなかったベトナム共産党はベトナム国民を指導して、偉大な革命を行い、大勝利を収めた。1945年9月2日、ホーチミン主席は独立宣言を読み上げ、ベトナム民主共和国の誕生を世界に告げた。それから、ベトナムは国の防衛建設発展事業に様々な成果を収めてきた」として上で、「8月革命はそれらの成果の前提である」と強調しました。

一方、ラオスの各新聞もベトナムの8月革命に関する論評や、社説、及び、ベトナムのドイモイ刷新事業を紹介する記事を掲載しました。19日付のラオス人民革命党機関紙「パサソン」は社説を掲載し、その中で、「8月革命はベトナム歴史の輝かしい1ページで、労働者階級が政権を手にし、民主制度を確立することに繋がったものである」と強調しました。
ソース:VOV