25/11/2015 10:59 GMT+7 Email Print Like 0

北西部観光振興会議が開かれる

23日午前、ホーチミン市で、ベトナム北西部観光振興会議が開かれ、グェン・スァン・フク副首相が出席しました。

会議で出席者らは北西部観光発展戦略について討議し、その中で、避暑地サパを中心に12の観光区と4つの観光所について紹介しました。また、出席者はこれらの観光地のインフラ整備発展事業に外国投資を呼び込み、サパ町を訪問する南部の旅行者を集客する措置を出しました。

会議で発言にたったフク副首相は北西部は文化の隙間であり、多くの歴史遺跡が集まる地方でもある。これにより、この地域の豊かな潜在力を活用する必要があるとの見解を示しました。

また、フク副首相は北西部の各省に対し、この地域内の魅力的な観光地に関する宣伝啓蒙を強化するよう求めました。

:VOV