23/09/2019 06:34 GMT+7 Email Print Like 0

刷新される祖国戦線の活動

19日午前、ハノイで開幕したベトナム祖国戦線の第9回全国代表大会に際し、出席者らは記者らの取材に応え、新任期において様々な適切な計画が実施され、祖国戦線の活動が大いに刷新され、祖国の建設発展事業にさらに貢献していくよう希望を表明しました。
南部アンザン省仏教協会管理委員会のChau Pros副委員長は次のように語りました。

「今大会は重要な出来事です。我々僧侶や和上は、党と国家が各民族と宗教に関心を寄せ、少数民族の物心両面の生活水準の改善に力を入れるよう希望します。また、
少数民族の人々に党と国家の政策、法律への理解を深めるため、宣伝啓蒙を進め、その実施を手解きするよう要請します。」
一方、中部ビンディン省の祖国戦線委員会のレ・ティ・スアン・チャン議長は次のような意見を述べました。

「今後、祖国戦線はその幹部に対し、業務遂行に有利な条件を作り出す必要があります。また、祖国戦線の幹部は新たな段階の要求に応え、自信と本領を発揮して、監視活動や社会批評と社会問題に関する議論・提言という任務を全うする必要があります。」
ソース:VOV