11/04/2016 10:17 GMT+7 Email Print Like 0

写真展「1980年代のベトナム」が始まる

8日、ハノイで、フランス人の写真家ミシェル・ブランシャードの写真展「1980年代のベトナム」が開幕しました。

写真展では30年前のベトナムの生活と人々を撮影した写真60点が紹介されています。ミシェル・ブランシャード氏が1976年から2006年まで、フランスのAFP通信のジャーナリストとして活躍し、そして、1981年から1983年まで、在ハノイAFP通信事務所の所長として務めました。

ベトナム滞在期間中、ミシェル・ブランシャード氏は自分の目で、ドイモイ事業が始まった前のベトナムの日常生活と人々、自然風景を撮影しました。この写真展は4月30日まで開かれます。
ソース:VOV