10/12/2014 10:29 GMT+7 Email Print Like 0

内務省の会議

9日、ハノイで、内務省は2014年の活動を総括し、2015年の任務を討議する会議を行いました。会議で発言にたったグェン・タン・ズン首相は同省に対し、政府組織法、地方行政権法などの完備や、その施行細則政令の早期作成を求めました。

また、ズン首相は内務省が各省庁と連携して、あらゆる分野における行政改革事業に近代的なIT=情報技術を導入するよう要請しました。

ズン首相は公務員の数の削減に触れ、次のように語りました

(テープ)

「今後、政府各機関は公務員数削減を行う必要があります。これは、活動の効果向上に寄与します。各省庁は2015年に公務員の数を500人増やすよう提案していますが、増員しないよう要請します。今後、公務員の数を増加せず、幹部の能力を向上させる必要があると思います」

このように語ったズン首相は内務省に対し、公務員とそのポストに関する基準を作成するよう求めました。
ソース:VOV