20/12/2019 10:35 GMT+7 Email Print Like 0

仏で再び大規模デモ 年金改革反対、政府譲らず

年金制度改革をめぐり抗議活動が続くフランスで17日、再び数十万人規模のデモが起きました。
5日に始まった交通機関のストライキが2週間目を迎え混乱が続く中、政府は改革案の破棄を求める労働組合の要求に屈しない姿勢を示しています。

警察によりますと、パリでは物を投げ付けるデモ隊に対し警官隊が催涙ガスを発射しました。30人を拘束しました。先のデモで店舗が破壊され車両が炎上したことから厳戒態勢が敷かれ、エッフェル塔は閉鎖されました。
内務省は、全国100カ所以上で合計約61万5000人がデモに参加したと発表しました。一方、フランス労働総同盟(CGT)は180万人と公表しました。
ソース:VOV