19/08/2015 09:55 GMT+7 Email Print Like 0

人民公安創立を記念

18日、ハノイで、ベトナム人民公安創立70周年、及び、「国民あげて祖国安全保障に力を入れる」という運動開始10周年を記念する集会が行われ、グェン・フー・チョン共産党書記長、チュオン・タン・サン国家主席、グェン・タン・ズン首相、グェン・シン・フン国会議長をはじめ、党、政府、国会の指導者と元指導者ら、キューバ、ラオス、カンボジア、中国、ロシア、インドネシア、シンガポールなどの内務省、警察の代表団が列席しま した。

式典で、サン国家主席は「新しい発展段階において、協力と発展は主要な動きであるものの、世界経済が複雑に推移し、敵対勢力は政治、経済、文化などの面において、破壊活動を行っている。また、海や島などの領有権の争いが激しくなり、領土保全を脅かしている」と強調した上で「今後も全国民は祖国建設防衛事業に 引き続き力を尽くす必要がある」と明らかにし、次のように語りました。

「我々は現状をよく理解した上で、断固たる措置を取り、外部からの破壊行為と主体的に戦います。いかなる状況においても、『祖国の独立、主権、統一、領土保全』という目標を堅持し、党、国家、人民、社会主義制度などを防衛し、政治的安定と平和的環境の確保に尽力しなければなりません。」

集会で、サン国家主席はベトナム人民公安部隊に「金星」勲章を授与しました。
:VOV