12/01/2015 09:48 GMT+7 Email Print Like 0

中国の重慶市の印象

現在、中国の西南地域の重慶市は重要な経済活動の中心であり、人口が3300万人である。
1189年、中国の宋光宗王は長江のそばにある地域を重慶を名づけた。重慶の意味は幸福にあふれた生活といわれる。 

中国で最も急発展している重慶市

現在、「橋の市」と呼ばれる重慶市は長江の両側にある都市に架かる24の橋がある

長江の両側にあるビル

長河に架かる新しい橋

重慶市の郊外において多くのビルが建設されている。

重慶市のプラザから見える「中華の夢」のシンボル
重慶市の中心部のマンション

重慶市における巴文化を保存している洪崖洞旧市街の建築

洪崖洞旧市街における重慶市の人々の日常生活を表した彫刻品
今、重慶市では、情報技術が発展している。

力帆グループは、重慶市における50の企業のトップの一つであり、中国の500の企業のトップと一つである

重慶市における力帆グループの工場。

1997年、重慶市は中国の四川省から別れ、大きな規模で再び樹立され、投資を誘致し、中国の西南地域の最大の都市になる目標で発展している。重慶市の改革と発展委員会により、重慶市の成長率は中国国内で三番目となっている。
重慶市は一年中、霧と橋に囲まれるため、「山城」又は、「橋城」とも呼ばれる。現在、重慶市には、400の橋がある。重慶市の人々はバス、地下鉄、ケーブル、船、飛行機を使用している。
 

2015年、重慶市の都市化の率は60%に達する予定

重慶市のセンターの広場の真ん中にある開放碑

日本ファシズムを破った記念日である開放碑

中年の女性に向けのダンスのコンテストに参加している重慶市の人々

重慶市の人々は主にバスを使う

世界の有名なファッションブランドの製品は重慶市の広場のプラザで販売されている

長江における客船

重慶市の有名な鍋料理

重慶市は昔劉備(161年-223年)の巴の名で知られ、多くの遺跡が残っている。現在、重慶市における広場のプラザで多くの世界の有名なブランド製品が販売されていることは重慶市が急速に発展していることを表わしている。

文、撮影:
チョン・チン-トゥイ・ズン