30/05/2016 10:31 GMT+7 Email Print Like 0

世界禁煙デーに応える

29日午前、ハノイで、ベトナム婦人連合会中央委員会は保健省と連携して、5月31日の世界禁煙デー及び5月25日から31日までの「タバコの煙のない週間」というイベントに応える活動を始動させました。

式典で発言に立ったダン・ティ・ゴック・ティン国家副主席は「党と国家は常に国民の健康保護に配慮している。国会は、タバコ対策法を発効した。」と明らかにし、次のように語りました。
(テープ)
「今 年の世界禁煙デーに応えるに当たり、各レベルの党委員会、行政当局に対し、適切で効果的な活動で、タバコ対策に関する国家プログラムの目標を実現するよう 要請します。また、人々に対し、豊かな国民、民主主義かつ公平で文明的な社会作りに向けて共に行動し合い、より素晴らしい生活作りとベトナム国家の建設と 発展に寄与してゆくよう呼び掛けます。」
なお、世界保健機関によりますと、喫煙が直接的な原因となった年間死亡者数は全世界で600万人にのぼっています。現在、ベトナムにおける喫煙者数はおよそ1500万人に達しており、世界で最も多い15か国の一つとなっています。
ソース:VOV