02/01/2015 11:04 GMT+7 Email Print Like 0

世界各国、新年を迎える

ベトナム国民と共に、世界各国で今年の幕開けを祝うイベントが行われた。世界一番で早く新年を迎えた、オーストラリアのシドニーでは、約10万発の花火が夜空を彩りました。およそ160万人がシドニーでの花火大会を鑑賞した。

ニューヨークのタイムズスクエアでは、毎年100万人以上が集まる世界最大級のカウントダウンイベントを前に、日本の年越しに合わせて一足早く新年を祝った。

中国上海の観光地である外灘(バンド)で新年を祝うために集まっていた群衆が将棋倒しとなり、これまでに少なくとも35人が死亡、42人が負傷した。

新華社によりますと、新年を迎える直前に外灘の広場に集まった群衆が将棋倒しになった。何が将棋倒しを引き起こしたかは、現時点では不明です。新華社は負傷者の多くは学生としている。

ロシアのプーチン大統領は12月31日、恒例のテレビを通じた国民向け新年メッセージで、 ロシアが直面する難題の解決は国民一人ひとりに懸かっていると述べた他、ウクライナ危機後の経済難などを踏まえ、国民に協力を訴えました。ロシア通信によりますと、プーチン大統領は「来る年、私たちは共に多くの課題を解決する必要があります。」と指摘した。「私たち一人ひとりが効果的、創造的に取り組めば、自力でそれを成し遂げられる」と呼び掛けた。

中東ドバイでは、新年を迎えると、世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」を中心にいくつもの花火が打ち上げられ、世界各地から訪れた人たちから大きな歓声が上がった。
ソース:VOV