24/08/2015 09:21 GMT+7 Email Print Like 0

不動産市場の発展

不動産市場に直接影響を与える数多くの新しい政策は2015年7月1日から、効力を有する。その中、住宅法が改正される不動産法は効力を有する。借りる信用に関する政策も不動産が安定に発展することを援助する。
外国からの金額に対する希望
新住宅法は、2015年7月1日から効力があり、外国人が1つのプロジェクトに対して30%のアパートを買うことを許可する。不動産専門家たちによると、このことは外国人が不動産を買うためによい条件である。
ホーチミン市の不動産協会の副会長レー・チー・ヒェウ氏によると、新住宅法による、滞在ビザを所有すると、外国人は家を買う可能性がある。ヒェウ氏は「この変化は不動産市場を促進し、ベトナムへの外資金額が増えます。」と言った。


改正された住宅法は、ベトナム不動産市場に活性化を与える。撮影:チョン・チン
越僑を含む外国人がベトナムに家を買うために、よい条件を作ることは不動産市場の活性化を与える。
ベトナムのトップの不動産グループとして知られるトゥードゥックハウス社の1つのアパートプロジェクト。撮影:キム・フオン

建設省の統計書によると、2015年の最初の3ヶ月間において、ハノイとホーチミン市における不動産買取数量は2014年同期に比べると、3倍増になる。高級アパートの買取は、不動産取引数の26%を占める。
この数年間に、越僑を含む外国人がベトナムで家を買うために、よい条件を作ることは不動産市場に積極性を影響を与える。VinaCapital 基金の専門家によると、投資家が賃貸するために、家を買うことは面白い投資である。それで、賃貸市場は将来、伸びていく、不動産市場の活性化を与える。
そのほかに、信用政策は家を買う人のために、よい条件を作り出す。家を買う80%の人は銀行からお融資が受けられる。
低金利は人民たちが家を買うことに欠かせない基本条件である。
専門的な企業
新不動産経営律によると、不動産分野に属する会社を設立するために、授権資本は200億ドン以上に達する。レー・チー・ヒェウ博士によると、高い授権資本は不動産分野における財政可能性がある投資家を選択することを援助する。
ベトナム不動産協会の指導者チャン・ゴック・クアン氏によると、多くの新しい規定での不動産経営法は、不動産業の活発化に貢献を果たす。しかし、不動産会社は財政潜在力、管理能力、専門知識に関する人材の弱さを克服することが必要である。



SSG Group  不動産取引場所(ホーチミン市、フーニュアン地区、92号、グエン・ヴァン・チョイ通り)。撮影:キム・フオン

SSG (SSGgroup)のSaigon Pearl – Villas 別荘地区は川岸における126戸の別荘を有する。撮影:キム・フオン


SSG グループ は、Saigon Pearlプロジェクト、 Thảo Điền Pearlプロジェクト、Saigon Airport Plazaプロジェクト、SSG Towerプロジェクト、Cape Pearlプロジェクトなどのプロジェクトで、有名である。


SSG のSaigon Pearl – Villas 別荘地域。撮影:キム・フオン

以前、会社経営が困難な時期、政府は、市場を援助するために決議61/NQ-CP に第2決議を補充し公布した、それにより不動産市場は困難を解消でき各不動産会社は、徐々に回復された。
このごろ、各会社は数多くのプロジェクトを実現し、建設に努力し、支払い条件の緩和をしてきた
新しい政策により、不動産市場は今後、徐々に発展していく。

文:ホアン・ズオン(Hoang Duong)-ベトナム通信社