09/11/2018 09:44 GMT+7 Email Print Like 0

三菱重工、ホーチミン市で廃棄物焼却発電事業に参画

ホーチミン市のとって、廃棄物処理とリサイクルは差し迫った問題とみられています。
三菱重工、HCM市で廃棄物焼却発電事業に参画 - ảnh 1        (写真:ベトナム通信社)
7日、ホーチミン市の人民委員会のレー・タイン・リエム副委員長は、同市を訪問中の三菱重工業の河相健(かわい・けん)常務執行役員と会合を行い、ホーチミン市での廃棄物焼却発電施設建設協力プロジェクトについて話し合いました。
席上、河相氏は、「三菱重工業は、廃棄物処理や、廃棄物のリサイクルなどホーチミン市が直面している問題解決のために協力したい意向がある」と確認しました。また、「ベトナムの各地方の状況に見合う最良の技術を提供する」と明らかにするとともに、ベトナムでの協力活動を拡大させていきたい意向を表明しました。
ソース:VOV