19/10/2018 09:33 GMT+7 Email Print Like 0

三浦工業グループ会社、ベトナム駐在所を開設

産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(愛媛県松山市)のグループ会社ミウラシンガポール社(Miura Singapore)は1日、ベトナム駐在所をホーチミン市1区に開設した。

ミウラシンガポールは2008年5月設立で、ASEAN地域と周辺のアジア地域で貫流ボイラ、水処理装置の販売・メンテナンス事業を行っている。2009年にはミウラインドネシア(Miura Indonesia)、2014年には三浦工業(タイ)(Miura Industries (Thailand))を設立し、ASEANおよびアジア地区への販売に力を入れてきた。

ミウラシンガポールは、本社およびマレーシア駐在所、2018年5月に開設したフィリピン支店、同年6月に開設したバングラデシュ駐在所に続いて、今後の営業・メンテナンス需要拡大に対応すべく新たにベトナム駐在所を開設することとなった。

ベトナム駐在所では、各種ボイラ、水処理装置・メンテナンス事業・ボイラ用薬品などの販売支援および市場調査を行う。

同社は、貫流蒸気ボイラを中心としたMI(多缶設置)システムによる省エネルギー化をトータルで提案し、熱・水・環境の分野で環境に優しい社会、きれいで快適な生活の創造に貢献する企業として環境負荷低減へ貢献したい考えだ。
ソース:VOV