16/05/2016 12:54 GMT+7 Email Print Like 0

ロシア専門家 ベトナムとの関係発展を評価

既にお伝えしましたように、5月16日20日にかけて、ベトナムのグエン・スアン・フック首相はロシア・ASEAN関係樹立20周年を記念するロシア・ASEANサミットに出席すると共に、ロシアを公式訪問します。フック首相のロシア訪問を機に、ロシアの東洋学研究所所属東南アジア・オセアニア研究センターのドミトリ・モシヤコフセンター長はVOVのインタビューに答え、ベトナムは、ロシアのアジア政策の最も重要なパートナーの一つであると明らかにしました。

一方、同センターの研究者エカテリナ・ミカイロフナ氏は、ベトナムとロシアの関係は伝統的なもので、今後も政治だけでなく、経済の分野においてもさらに発展するであろうとの考えを示しました。また、ミカイロフナ氏は「ベトナムは、東南アジアだけでなく、東アジアにおいてもロシアの重要な友達である」と述べました。

一方、ロシアの極東研究所の研究者グリゴリ・ロクシン氏は、ロシアは常に、ベトナムを東南アジアとの架け橋とみなしていると強調しました。また、「両国は、戦争中に築かれた信頼たる友好協力関係を持っている」と述べました。
ソース:VOV