15/09/2015 15:38 GMT+7 Email Print Like 0

ラオスとの特別な団結と全面的な協力を強化

13日と14日の両日、行なわれたグエン・タン・ズン首相率いるベトナム政府代表団のラオス訪問の終了にあたり、レ・ホアイ・チュン外務次官は記者団の取材に応えました。チュン氏は「訪問でズン首相はラオスのトンシン首相と会談し、両国の特別な団結と協力関係は貴重な財産であり、両国の革命事業を左右すると強調した。また、両国の指導者は政治、経済、貿易、投資分野での協力や商取引額の引き上げなどについて協議した」と明らかにしました。

地域と国際問題に関し、双方は二国間、及びASEAN加盟諸国との協力を強化することで一致し、ベトナム東部海域(南シナ海)問題をはじめ、戦略的な問題に関するASEANの共通の立場を堅持すると表明しました。ズン首相はラオスに対し、2016年のASEAN議長国としての役割を全うするよう支持すると確約しました。

一方、ベトナムの海外投資プロジェクトとして最大となるラオスでのカリ岩塩開発プロジェクトに関し、ズン首相は「これは両国に経済的利益をもたらすものであるだけでなく、ラオスの経済社会発展に貢献しようとするの党、国家、国民の願望を示す」と強調しました。
:VOV