02/09/2017 18:18 GMT+7 Email Print Like 0

ラオス、「ホーチミン全集」ラオス語版を公表

(VOVWORLD) -これはラオスの幹部育成や、理論家の能力向上、ラオス人民革命党の政策制定などに役立ちます。 9月1日、ラオスの首都ビエンチャンで、ラオス国家政治行政学院では、「ホーチミン全集」ラオス語版の第1集を公表する式典が行われました。席上、ラオス国家政治行政学院のトンサリス・マングノメク院長は次のように語りました。 「『ホーチミン全集』ラオス語版の第1集はホーチミン主席が1912年から1924年まで執筆した作品を含め、その中で、愛国主義から科学的社会主義へのホーチミン主席の思想の変化を示します。また、これは、民族解放や、社会解放、人間解放、民族団結、国際団結、革命の方法などに関するホーチミン主席の思想の形成を記すものでもあります。『ホーチミン全集』ラオス語版の第1集はラオスの幹部育成や、理論家の能力向上、ラオス人民革命党の政策制定などに役立ちます。」 なお、「ホーチミン全集」と「ホーチミン学辞典」をラオス語に翻訳するプロジェクトは2018年末に完了する予定だということです。