09/07/2020 14:56 GMT+7 Email Print Like 0

モックチャウ県の若牛で作る料理、ベェチャウ

ベトナムのソンラー省モックチャウ県を訪問すると、観光客は少なくとも一回は、ベェチャウという料理を食べる。モックチャウ県の若牛の肉を使ったベチャウは、ベトナム国内でよく知られている。
モックチャウ県の人々によると、ここには、広い草原があり、乳牛の飼育に適している。メスの若牛は成長するまで飼育されるが、オスの若牛は、子牛を産まないため、人民たちに食用としてベェチャウにされる。

ベェチャウの材料は、オスの若牛の肉、レモングラス、生姜、唐辛子などである。最初は、レモングラス、生姜、唐辛子をみじん切りにし、炒めた後、若牛の肉を高温の油に入れる。


ベチャウのレストランのアドレス:
ハノイ、グエン・フォン・サック通り76裏通りD17番地
電話番号:0941653399
www.botoquanmoc.com
熱いベェチャウを賞味する時が最高である。一緒に付けるソースも調理人の秘訣である。他は、野菜もある。

モックチャウ県だけでなく、ハノイ、ホーチミン市でも、モックチャウ県の特産物であるベェチャウも賞味できる。
文:ビック・ヴァン
撮影:タイン・ザン