03/06/2019 10:11 GMT+7 Email Print Like 0

ミン副首相兼外相、日本を訪問中

安倍首相の表敬訪問に際し、ミン副議長兼外相はベトナムと日本の広範な戦略的パートナー関係が全面的かつ実質的に発展し、高い政治的信頼が図られたことに喜びの意を表明するとともに、「ベトナムは日本を重要で長期的な相手国として見なしている」と強調しました。 河野太郎外務大臣の招きに応え、日本を訪問中のファム・ビン・ミン副首相 兼 外相は、5月30日、安倍首相をはじめ、大島・理森衆議院議長及び伊達・忠一参議院議長を表敬訪問するほか、LDP=自由民主党の岸田・文雄政調会長やJICA=国際協力機構の北岡・伸一理事長らと会見しました。 安倍首相の表敬訪問に際し、ミン副首相兼外相はベトナムと日本の広範な戦略的パートナー関係が全面的かつ実質的に発展し、高い政治的信頼が図られたことに喜びの意を表明するとともに、「ベトナムは日本を重要で長期的な相手国として見なしている」と強調しました。 一方、安倍首相はベトナムを重要なパートナーと見なしており、ベトナムの発展事業を支援し続けると明らかにしました。 大島衆議院議長及び伊達参議院議長との会見で、ミン副首相兼外相は若い議員の交流をはじめ、両国議会間の協力を推進するとともに、日本企業に対しベトナムへの投資の強化を激励するよう要請しました。 他方、JICAの北岡理事長との会見で、ミン副首相兼外相は日本に対ベトナムODA=政府開発援助の供与を継続するよう求めました。 こうした中、ミン副首相兼外相との会見で、岸田自由民主党政調会長はLDPとベトナム共産党、とりわけ両国の友好議員連盟は交流、協力を強化していくよう希望を表明しました。 この機に、ミン副首相兼外相は東京での「アジアの未来」国際交流会議に出席するため、日本に滞在中のラオスのトーンルン首相と会見しました。 ソース:VOV