25/09/2016 22:03 GMT+7 Email Print Like 0

ミン副首相、国連総会の際に各国の指導者らと会見

24日、ニューヨークで、ファム・ビン・ミン副首相兼外相は、アルゼンチンのスサナ・マベル・マルコラ外相や、イタリア上院対外委員会のピエル・カシニ委員長、イタリア下院対外委員会のファブリジオ・シチット委員長と個別会見を行いました。

アルゼンチン外相との会見で、ミン副首相は「ベトナムはアルゼンチンとの全面的協力の強化を重視し、アルゼンチンを南米地域の重要な相手国として見なしている」と再確認しました。双方は、今後、訪問団の交換や、企業間の交流・連携などを強化していくことで一致しました。

イタリア上院対外委員会のカシニ委員長や、下院対外委員会のシチット委員長との会見で、ミン副首相は、イタリアが2017~2018年期における国連安全保障理事会非常任理事国に選出されたことにお祝いの言葉を述べました。

一方、イタリア側はベトナムの能動的な発展を高く評価し、「ベトナムはイタリア人投資家の魅力的な投資先であり続ける」と語りました。領海紛争問題に関し、イタリア側は、ベトナムの立場への支持を表明しました。同日、ミン副首相はASEAN非公式外相会議に参加しました。
ソース:VOV