26/09/2016 15:08 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市の第1区、汚職防止対策を強化

25日午後、汚職防止対策中央指導委員会副委員長を務めるチュオン・ホア・ビン副首相は、ホーチミン市の第1区党委員会の代表と会合を行いました。
汚職防止対策について、ビン副首相は「汚職防止対策を連続的かつ長期的な作業として見なすと共に、政治体制全体の総合的力を活用するべきだ。」と強調しました。
また、行政改革作業について、ビン副首相は「第1区は、引き続き政府とホーチミン市行政府の行政改革計画を実現し、近代的かつ親しみやすい行政府を構築する必要がある。」と語りました。
ソース:VOV