02/06/2015 11:19 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市のハイテック地区

ホーチミン市のハイテク工業地区は、913ヘクタールの面積があり、2002年、ベトナム政府が開発した3つのハイテク地区の一つである。ホーチミン市のハイテク地区は、企業開発や会社設立、人材教育を行い、ハイテク製品を生産し、経営責任を負う。ホーチミン市のハイテク地区は「科学技術の都市」として呼ばれる。
 
ホーチミン市のハイテック地区の1ヘクタールの面積は約3千万米ドルの輸出価値を作り、毎年に、
15万米ドルの労働能率に達する。

 
ホーチミン市のハイテック地区の管理委員会会長であるレー・ホアイ・コック氏によると、同プロジェクトは2つの段階を踏む。設立から12年間後、第1の段階を完了し、ベトナムのハイテックの分野のための信用のある地区にする。

2005年に実施された最初のプロジェクトで、現在まで40億米ドルの資金で68件のプロジェクトを実現している。その内、国内から投資された35件のプロジェクトの投資金は8億米ドルに達し、外国から投資された33件のプロジェクトの資本金は33億米ドルに達する。現在、ホーチミン市のハイテック地区は約100億米ドルの生産能力(87億米ドルは輸出)で活動している4つのプロジェクトがある。この43件のプロジェクトでは2万1千人が雇用されている。2014年においては、ハイテック地区は18億米ドルの資本金で、10件の投資プロジェクトが計画されている。その中、国内の6つのプロジェクトの資本金は3億4千万米ドルで、国外の4つのプロジェクトの資本金は15億米ドルである

 

ホーチミン市のハイテク地区の模様。撮影:グエン・ルアン
ホーチミン市のハイテク地区のスポーツ施設の模様。
GENEWORD 会社。
ホーチミン市のハイテック地区の各会社の庭。
ホーチミン市のハイテック地区の研究センターの殺菌室の模様。
ホーチミン市のハイテク地区の日本のNidec グループの工場。

ホーチミン市のハイテック地区のアメリカのNitelグループの工場。
 
ホーチミン市のハイテック地区は韓国のSamsung グループ(14億米ドル)、4つの大きなプロジェクトでの日本のNidecグループ、チップを生産する工場のプロジェクトのために10億米ドルの資本金で、投資するアメリカのIntelグループの投資地域になる。
そのほかに、ホーチミン市のハイテック地区はSanofi (フランス)、Datalogic Scanning (イタリア)、 Sonion (デンマーク)、 Microchip (アメリカ)の数多くの研究プロジェクトを誘致し、同時に、FPTグループ、Hutechハイテック研究院、石油研究院、Nanogen会社などの多くの企業、研究院を誘致する。
ホーチミン市のハイテック地区の研究センターは優れた人材で、いくつかの重要なテクノロジーが実施できる。ホーチミン市のハイテック地区は各大学、国内外の信用のある教育センターとともに、500つの人力教育コースを協定する。2013年、ホーチミン市のハイテック地区の教育センターとMicrosoftグループはIT分野を教育するSMIC (SHTP - Microsoft Innovation Center)を設立した。


ホーチミン市のハイテク地区の教育センターの模様。
ホーチミン市のハイテク地区で生産されるハイテク製品。

ホーチミン市のハイテク地区で生産されるハイテク製品。
ホーチミン市のハイテク地区で生産されるハイテク製品。
ハイテク製品の生産を研究する研究員。
医療分野の薬の製品を試験する研究員
 ハイテクな製品を生産することを研究する研究員。
 医療分野の薬の製品を生産する研究員。
ハイテクな製品生産を研究するための電子的な顕微鏡(SEM)

ホーチミン市のハイテク地区は2012年に、第16回のASPA 会議開催の主催者になる。100名の管理者、アジアのトップの科学者は同会議に出席した。
ホーチミン市のハイテック地区は第2の段階のインフラを建設し、土地、税金に関するベトナムの政府の優待政策を実現している。特に、ホーチミン市のハイテック地区はハイテックな製品を生産する企業のために、優遇政策を行う。
レー・ホアイ・コック氏(ホーチミン市ハイテック地区の管理委員会会長)
文:ヴァン・キー写真:キム・フオン、グエン・ルアン