17/10/2014 10:02 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市、「ベトナム人は率先してベトナム製品を使おう」運動 総括

16日午前、ホーチミン市の「ベトナム人は率先してベトナム製品を使おう」運動指導委員会は同運動の実施状況を総括する会議を行いました。統計によりますと、現在、ホーチミン市のスーパーで販売されている製品の95%以上がベトナム産で、市民の90%がベトナム製品を愛用しているとしています。これは5年間にわたり実施されてきた「「ベトナム人は率先してベトナム製品を使おう」運動の結果であるとみられます。この運動は消費者に国内産の製品の愛用への意識を芽生えさせるとしています。会議で、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグエン・ティエン・ニャン議長は次のように語りました。

(テープ)
「2014年から2020年期の発展目標は『ベトナム製品の誇り』という運動と連携させる必要があります。住民が高品質の国内製品が販売されているところを知るようにホーチミン市がどのようにするのかを考えなければなりません。例えば、日用品に関するウェブサイトを開設するなどします。また、農村部でベトナム製品の割合は70%にしなければなりません。」

ニャン議長はこのように語りました。

ソース:VOV