23/09/2016 11:06 GMT+7 Email Print Like 0

ボール紙で作られる100の像を保存する古いお寺

ベトナムのホーチミン市にある古いお寺はボール紙で作られる100の像は神などが天主に上申するための集会を表明する。ゴック・ホアン寺も5月24日オバマ米大統領が訪問した先であった。
 
ゴック・ホアン寺は福海寺とも呼ばれ、面積が2300平方メートルであり、ベトナムで天主を祭る唯一の寺であり、1892年、順調を祈るように中国人に設立された。1984年まで、福海寺と呼ばれ、ベトナム仏教協会に管理された。

ゴック・ホアン寺の中、木、陶土、ボール紙で作られる像、絵などがある。特に、これはボール紙で作られる100の像は神などが天主に上申するための集会を表明するベトナムの唯一の寺である。

ゴック・ホアン寺の中の300の像で100の像はボール紙で作られる。竹とボール紙だけで威厳で、生き生きする像が作られた。


1892年から生まれたゴックホアン寺


ゴックホアン寺の空間


ボール紙で作られた像


ゴックホアン寺にある像

清流像と白虎像


ゴックホアン寺


ゴックホアン寺

ゴックホアン寺

天主に差し上げる人民

毎日、多くの人々はゴックホアン寺を訪問する

門にある模様


ゴックホアン寺の屋根にある模様


ゴックホアン寺の扉


ゴックホアン寺にある模様

数百年前から生まれたが、この像は新しく見える。これはベトナムでボール紙で作られる像がある唯一の寺である。

ゴックホアン寺の主なお神興は天主、仏様を祭る。天主の像はゴックホアン寺の中、最大の像であり、威儀を表明する。

ゴックホアン寺もキムホア聖母(出産のことに世話する神)と12人の助産婦と乳母も祭る。そのため、子供がほしい人はここを訪問し、子供が出来るように祈る。

毎日、多くの人々はゴックホアン寺を訪問する。毎年1月9日で行なわれるヴィアゴックホアン祭りも多くの観光客を誘致する。

文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:ダン・キム・フオン