21/07/2020 09:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 第44回国連人権理事会総会に貢献

(VOVWORLD) - 17日、第44回国連人権理事会総会が3週間の議事日程を終え閉幕しました。

今回の総会は、新型コロナウイルス感染症予防対策に関するスイス政府と国連の規定に基づき、ジュネーブの国連本部で行われる傍ら、オンライン形式でも行われました。

在ジュネーブ国際機関ベトナム代表団は総会の活動に積極的に参加し、その中で、「気候変動の中での女性と子供と身体障がい者の権利に関する討論会」や、「情報技術アクセス権利に関する討論会」など総会の枠内での9つの討論会と会議で演説を行いました。これらの演説の中で、ベトナムの代表は、社会的弱者を始め人間の権利の保護と促進、新型コロナ収束後の経済回復の加速、国連のミレニアム開発目標の実現を公約しました。子どもの権利保護について、ベトナムの代表は、これはベトナムの優先政策であると述べ、紛争と紛争後の回復における子供の権利保護は、ベトナムが2020年から2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国を務めるときの優先課題であると明らかにしました。

また、ASEAN議長国としてベトナムはASEAN東南アジア諸国連合を代表して、新型コロナ感染症の拡大における人権状況に関する国連人権理事会の年次報告や、フィリピンの人権状況、気候変動などについて意見を出しました。

なお、第44回国連人権理事会総会は29の会議と7つの討論会を行い、23軒の決議を採択しました。